あなたは大丈夫?新婚生活が辛い夫婦の特徴7選

あなたは大丈夫?新婚生活が辛い夫婦の特徴7選

新婚生活は楽しく幸せにあふれているもの。家族や友人、会社の人にも祝福されて幸せのさなかにいると思われていますが、実際はそうではない夫婦も多いのです。「こんなはずではなかった」「意見や価値観、考え方があわず常識が通用しない」と悩んだり、「結婚を早まってしまったのではないか」と不安に陥ったりする人も。なぜ新婚生活が苦しく辛いものに変わってしまうのか、その原因にせまります。

辛い新婚生活をおくる夫婦は意外に多い…

結婚式を終え、ロマンチックで幸せな新婚生活を送るはずが、はやくも離婚が頭によぎり、辛い新婚生活になってしまう夫婦が多くいます。お互いが仕事で忙しかったり、会話が少なかったり、すれ違い生活を送っていたりすると、結婚がまちがいだったのではないかと不安になるでしょう。

結婚前までは、あくまで他人。そして恋人同士の関係で、好きという感情があれば何も問題はありませんでしたよね。しかし、結婚をすれば他人という関係ではなくなります。夫婦になり家族となったのです。いろいろな問題や価値観の違い、喧嘩も増えて辛いこともでてきます。二人で話しあい、妥協したり共有することで、夫婦の絆が深くなるのです。新婚生活がどうして苦しくなってしまうのか、当てはまるものがないか確認してみましょう。

新婚生活が辛い夫婦の特徴7選

楽しく幸福なはずの新婚生活が辛いものに変わってしまう理由や原因には何があるのでしょうか。新婚生活が辛くなる原因や夫婦の特徴を解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1|感謝の言葉が少ない

「ありがとう」という言葉を普段から伝えていますか。親しき仲にも礼儀ありという言葉通り、感謝をする心を持つことが夫婦の絆をより深めてくれるのです。ちょっとした変化に気づいて「ありがとう」と声をかけることで、お互いを認めることにつながります。○○してもらって当然という考えをなくしましょう。「いつも部屋をきれいにしてくれてありがとう」「いつもお仕事頑張ってくれてありがとう」と伝えるだけでよいのです。

2|夫婦団らんの時間がない

最近では、寿退社をして専業主婦になる人は少なくなっています。共働きが急増し、忙しい夫婦が多いのです。新婚生活が辛いものに変わってしまう理由は、やはり夫婦団らんの時間がないということが大きな原因でしょう。、一緒に朝ごはんや晩ごはんを食べないという夫婦もいます。休みの日は夫婦の時間を作り楽しい食事時にしてみましょう。

3|金銭感覚の違いが大きい

結婚前は、お財布ももちろん別で自分一人のものでしたよね。結婚すると夫婦一緒の財布になります。なかには夫婦別で管理をする家庭もありますが、どちらにしても金銭感覚の違いが大きいと、喧嘩が増えてしまうのです。旅行に行くときや外食をするとき、あるいは趣味にお金を費やすときなどに金銭感覚の違いは顕著に現れます。しっかりと話しあうことが大切です。

4|お互いが我慢しすぎている

相手を想うあまり、イライラしても我慢してしまうという夫婦は多いです。独身時代の価値観や常識は、結婚するれば通用しません。夫婦になったら思いやりをもって妥協しあうことが大切とはいっても、我慢しすぎるのはよくありません。いつの間にかその我慢が「私はこれだけや我慢している」と思うようになり、相手を憎む気持ちに変わってしまうのです。我慢しすぎず、傷つけないように話をする必要があります。

5|親族づき合いの問題がある

よく耳にする嫁姑問題もそうですが、じつは親族づきあいのトラブルも多いのです。お互いの両親から新婚生活について干渉をされたり、親族づきあいが頻繁にあったりする場合は注意が必要です。お盆休みや正月の際の帰省、お中元やお歳暮など細かい気配りをする場面が増えてきます。二人でやるべきことをどちらか片方だけが負担を強いられることがないように気をつけましょう。

6|相手を束縛する

何時に誰とどこで何をするのか、と必要以上にしつこく質問をして自由を奪ったりするのはやめましょう。初めは「しつこいな」くらいの感情だったものが、「怖い」「一緒にいたくない」と感じるようになります。メールや電話の頻度も気をつけなくてはなりません。相手が不愉快と感じることはしないようにすべきです。結婚は信頼と信用の上に成り立っているのです。優しく見守り思いやりを持ちましょう。

7|どちらかが浮気癖がある

結婚前も結婚後もそうですが、やはり浮気癖はいけません。どちらかが浮気癖があるならきちんと話をしましょう。浮気をすると、幸せだったはずの新婚生活もすべて悲しい辛いものになってしまいますし、信用がなくなってしまいます。ちょっとでも怪しい行動が見られれば、すぐに話しあいをしてください。浮気が常習化すると離婚につながります。

幸せな新婚生活を辛いものにしないためにも

恋人同士の関係から夫婦の関係に変わり、環境が変わって戸惑う夫婦も多いでしょう。「本当にこの人でよかったのか」「結婚を早まってしまった」と後悔する前に、結婚が決まれば相手の親族関係についてや金銭感覚の相違がないかなど話しあう必要があります。新婚生活が辛いと感じれば、たまには息抜きをして友達と遊んだり、夫婦の絆を深めるためにデートをしたりすることをおすすめします。