余興なしでも結婚式が充分盛り上がる!ゲスト参加型のゲームまとめ

余興なしでも結婚式が充分盛り上がる!ゲスト参加型のゲームまとめ

余興で悩んでいるカップルに贈る!余興がなくても結婚式が盛り上がる、ゲスト参加型のイベントやゲームの紹介です。ゲストに結婚式を楽しんでもらいたいと考えているカップルは必見のイベントやゲームを多数紹介しています。ゲストが全員参加できるために、盛り上がることまちがいなし。ゲストも一緒に結婚式を創り上げることができるため、記憶にも残る結婚式になります。

結婚式は余興なしでも盛り上げ可能!

結婚式の余興を担当したことがありますか?じつは余興って意外と大変。仕事や家事、育児、学校などの合間を縫ってゲストに集まってもらい、練習や準備をしてもらうことになります。当日も余興の時間が来るまでゲストはソワソワすることが多いです。結婚式前にリハーサルに式場を訪れるかたもいます。

新郎新婦も、誰に余興を頼もうか悩んで困っているという声も意外と多いもの。ゲストに負担をかけたくないかたは、余興なしで結婚式をするのはいかがでしょうか。

「えっ!余興なしでも大丈夫なの?」という心配は無用。余興がなくてもゲストも参加できる演出やゲーム、イベントで結婚式を行ってみましょう。

今回は、ゲストも参加できる結婚式のイベント、ゲームについてのお話です。

余興なしでも盛り上がる!結婚式でのゲスト参加型のゲームを紹介

結婚式のゲストによる余興。盛り上がるうえに新郎新婦にもサプライズが多く、楽しめますよね。しかし、余興は必ずしなければいけないものではありません。余興なしでもいろいろなイベントで、結婚式を盛り上げることはできます。

1|海外では定番のブロッコリートス

幸せのおすそ分けにと、新婦からゲストへのブーケトスはもう定番の演出。それなら新郎から幸せのおすそ分けをしましょう。

ブロッコリートスと呼ばれるゲームは、新郎がその名の通りブロッコリーを投げ、受け取ったゲストは次の幸せを手にするという海外では定番の演出。しかし日本ではあまりまだ知られていません。本物のブロッコリーを一房ブーケに見立てて投げてみて。マヨネーズもプレゼントすれば盛り上がりますよ。

2|かわいさ満開!ブーケトスの進化版

「ブーケトスをしたいけれど周りと差をつけたい!」という新婦さんにおすすめ。パラシュートベアはいかがでしょう。

筒状のクラッカーのなかには、パラシュートをつけたテディベアが入っています。ゲストに向かって発射して、見事キャッチできたゲストにプチギフトを用意しましょう。ゆらゆら落ちてくるテディベアもとてもかわいいですよ。

3|和装での結婚式におすすめ!

テーブルラウンドでおみくじをみんなにひいてもらいましょう。もちろんおみくじは新郎新婦の手作りで。いろいろなメッセージがあると楽しいですね。

各テーブルひとつずつ当たりを準備しましょう。当たりのおみくじをひいたゲストにプチギフトを渡すとサプライズにもなります。和装ならではの演出にもなるので、ゲストの記憶にも残ります。

4|話題のインスタントカメラを取り入れて

近年ぐっと話題になっているインスタントカメラ。もちろん結婚式に取り入れても楽しめます。各テーブルに1台ずつインスタントカメラを準備して、ゲストに自由に撮影してもらいましょう。

現像するまでどんな写真が撮れているかわからないところがインスタントカメラの楽しいポイント。お子様ゲストにも楽しんでもらえますよ。

5|ゲストみんなで完成させよう!ドライフラワー

各テーブルにドライフラワーを置いておき、新郎新婦のテーブルラウンド時にゲストに瓶に入れてもらいましょう。新郎新婦は大きめの透明な瓶を用意すると迫力満点。でき上がったドライフラワーは、新居のインテリアとして飾ることができます。

結婚式に来てくれた大切なゲスト全員で作り上げる、記念のインテリアが完成します。カラフルな色のドライフラワーだと写真映えもしますね。

結婚式の余興・ゲーム以外のお楽しみイベント

新郎新婦が互いにウェディングケーキを食べさせ合う、ファーストバイトの演出ももう定番。少しアレンジしてゲストも参加してもらいましょう。ゲストにも楽しんでもらうためには、どんなファーストバイトの演出があるのでしょうか。

1|お互いの両親を巻き込んで

一生の記念に残る日になるのは新郎新婦だけではありません。新郎新婦の家族もその思いは大きいのではないでしょうか。記念として、例えば両家の両親をファーストバイトに巻き込んでみましょう。

「お手本バイト」という演出です。これは両家の両親が先にお手本として、ウェディングケーキを食べさせ合う演出のこと。こんな気恥ずかしい演出も、結婚式だからこそできちゃう演出ですね。

2|恋のキューピッドにお礼を

友人の紹介で出会い、結婚式を迎えられたという新郎新婦も多いもの。もちろんキューピッドだった友人もゲストとして参列していることも多いです。ふたりのキューピッドになってくれた友人にお礼を込めての「サンクスバイト」はいかがでしょうか。

サンクスバイトはサプライズで友人を呼び、新郎新婦からウェディングケーキを「あーん」とする演出。サプライズなので泣いて喜ぶゲストも多いハートフルな演出です。

結婚式のイベントを考えるときに注意したいポイントは?

結婚式はおめでたい日ですが、もちろんイベントや演出を考えるときに注意や配慮も必要です。ゲストみんなに喜んでもらえるためには、どういった点に注意、配慮すればいいのでしょうか。

1|ゲストの性格を配慮して

サプライズはうれしいものですが、みんながみんな人前に立つことが得意なわけではありません。ゲストのなかには、人前に立つこと、注目されることが苦手というもいます。そのこともしっかり配慮して。

新郎新婦だとゲストのだいたいの性格を知っていますよね。イベントを考えるときに、冷静になってゲストの立場も配慮するといいですね。

2|野外のイベントは特に配慮を!

ステキなガーデンやプールがある式場だと、野外でのイベントを考える新郎新婦も多いです。自然光だとより綺麗な写真が撮れますよね。でも、野外イベントは特にゲストへの配慮が必要!

夏場、冬場の結婚式だと野外のイベントはゲストがかなりしんどい思いをしてしまいます。時期や気候、天候によって野外のイベントは短い時間で済むようにするといいですね。

イベント、ゲームでみんなが笑顔ですごせる時間に

余興をどうすればいいか悩んでいる新郎新婦もこれで安心。ゲストが全員参加できて盛り上がるイベントやゲームでゲストに楽しんでもらいましょう。

ゲストに参加してもらいやすいゲームとしては
・ブーケトスの進化版

・和装でのおみくじ
・インスタントカメラ
・ドライフラワーアレンジメント がおすすめです。

また他にもウェディングケーキを使ったイベントも特別感があっていいですね。

イベントやゲームを考えるときは、野外での気温やゲストの性格などへの配慮も忘れずに。ゲストあっての結婚式ということを忘れないようにしたいですね。

ゲストにとっても記憶に残る特別な一日になりますように。