【完全版】結婚式前撮りの相場は?節約方法とあわせて解説

【完全版】結婚式前撮りの相場は?節約方法とあわせて解説

せっかくだから、結婚式前撮りにチャレンジしたい!…だけど費用の相場はいくらぐらい?先輩花嫁はどうやって工夫したの?そもそも結婚式前撮りって必要?など、不安や疑問はたくさんありますよね。そこで結婚式前撮りの相場や節約ポイントについて説明します。結婚式前撮りについての不安を解決しましょう!

結婚式の前撮りの相場はどのぐらい?

友人の結婚式に参列すると、ウェルカムボードなどで新郎新婦の前撮りの写真を目にすることがありますよね。『ゼクシィ結婚トレンド調査 2018』によると、前撮りを実施した新郎新婦の割合は首都圏で57%。半数以上のカップルが前撮りを実施していることが分かります。前撮りするからには当日は着る予定のない衣装にもチャレンジしたいし、スタジオ撮影なのかロケーション撮影なのかなどにもこだわりたい!…そうなると気になるのが費用面ですよね。そこで結婚式の前撮りについて、費用の相場や節約のコツをまとめてみました!

 

結婚式前撮りの相場を徹底解説

結婚式前撮りにかかる費用の項目は、撮影場所や写真のカット数、衣装の種類や枚数などによって変動します。いくらぐらいが相場なのか、さっそくチェックしてみましょう。

 

1|結婚式前撮りの種類は?

結婚式前撮りは、撮影する場所によって2つの種類に分かれます。フォトスタジオで撮影する「スタジオ撮影」と屋外などスタジオ以外で撮影する「ロケーション撮影」の2種類です。『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』のアンケートでは、「スタジオ撮影のみ」が39%、「ロケーション撮影のみ」が40%、「両方」が21%という結果でした。

 

2|「スタジオ撮影」「ロケーション撮影」それぞれの相場は?

「スタジオ撮影」「ロケーション撮影」それぞれの費用相場はどのくらいなのでしょうか?

 

「スタジオ撮影」費用

  • 5~10万円未満 ・・・ 33%
  • 10~15万円未満 ・・・ 26%
  • 5万円未満 ・・・ 16%

平均金額 11.8万円

 

「ロケーション撮影」費用

  • 5~10万未満 ・・・ 30%
  • 10~15万円未満 ・・・ 28%
  • 20~25万円未満 ・・・ 10%

平均金額 15.5万円

 

参考:『ゼクシィ結婚トレンド調査2018』

このように、若干「ロケーション撮影」の方が金額が高くなっています。

 

3|結婚式前撮りのプラン内容は?

結婚式前撮りのプランの基本的な内容は、下記の項目となっています。

 

  • 撮影料
  • 衣装レンタル料
  • 撮影小物
  • 着付け
  • ヘアメイク
  • 写真データ

 

プランのランクによって内容や金額はさまざまなので、撮影小物が別になっていないか?写真データの内容はどのようなものになっているか?など事前に細かく確認をしておくことが大切です。

 

安く簡単にできるならあり!結婚式前撮りの節約ポイント

せっかくなので結婚式前撮りをしたいけど、費用はなるべくおさえたいという方もいるはず。そこで結婚式前撮りの費用を安くおさえる節約ポイントをまとめます。

 

1|平日に撮影する!

撮影プランにはさまざまありますが、平日に撮影をするプランの方が安くなることが多いようです。ロケーション撮影をする場合は、撮影場所となる教会や神社、公園なども平日の方が人が少なく撮影しやすいというメリットもあります。ロケーション撮影って一般の人に見られて恥ずかしい…という人も平日撮影なら安心ですね。

 

2|衣装を購入する!

衣装は当然のようにレンタル、と思っていませんか?ドレスにしても和装にしても、レンタルの費用だけで10万円を超えてしまうことも…。和装をそろえることは難しいですが、カラードレスであればドレスの通販サイトで安く購入することが可能です。二次会に着用したとしても数回着ただけのきれいな状態のドレスは、フリマアプリなどに出品してもよいですね。

 

3|自分が気に入ったプロに直接お願いする!

結婚式前撮りは結婚式場のオプションを選ぶのも良いですが、ヘアメイクやカメラマン・フォトスタジオを個人で手配し撮影することも可能です。Instagramなどでフリーランスのヘアメイク、カメラマンを探せば、その人の過去の作品を見たうえでお願いできるうえに費用もおさえられます。

 

結婚式前撮りのメリットとデメリットを解説

ここまで費用について説明してきましたが、そもそも前撮りをするメリットにはどのようなことがあげられるのでしょうか。デメリットとあわせて解説します。

 

1|結婚式前撮りのメリット

前撮りには、結婚式当日に着ない衣装を着ることができる、落ち着いた環境の中、好きな場所で納得のいくものが撮影できる、撮影データを当日ウェルカムボードなどの小道具に使用できる、というようなメリットがあげられます。また、本番に向けてヘアメイクやドレスの予行演習もできちゃいます。

 

2|結婚式前撮りのデメリット

メリットの多い前撮りですが、デメリットはやっぱり費用面。費用がかかる主な項目としては、人件費・スタジオやドレスのレンタル代・ヘアメイク代・着付代・写真素材代・アルバム製作費などがあげられます。とはいえ、前撮りは一生の思い出を納得のいく形で残すことができるもの。工夫してデメリットを減らしたいですね。

 

結婚式前撮りで、二人だけの特別な思い出を♡

結婚式前撮りは、まさに二人っきりの空間を、落ち着いた時間の中で楽しめる特別なひととき。結婚式後に見返したとき、結婚式当日にゲストにお祝いしていただいた喜びとあわせて幸せが増すはず。もちろん費用面でも納得ができる形で、結婚式前撮りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?