結婚式前撮りはしなくてもいい?前撮りのメリット・デメリットを徹底解説!

結婚式前撮りはしなくてもいい?前撮りのメリット・デメリットを徹底解説!

前撮りをするかしないかで悩んでいるカップルは多いでしょう。今回は、そんなカップルに向けて、結婚式の前撮りをするメリットとデメリット、そして前撮り費用の相場について紹介します。日程や予算の都合上、前撮りをしない予定の方もいるかもしれませんが、実は工夫の仕方では費用を抑えることも可能になります。メリット、デメリットをきちんと把握したうえで結婚式の前撮りの有無を決められるように、ぜひ参考にしてください。

結婚式の前撮りをしない人は多い?

結婚式の前撮りをするかしないかで迷っているプレ花嫁さんは多いのではないでしょうか。結婚式と別の日に前撮りをすることで、時間に追われずにドレス姿や和装の写真を残すことが可能になるなどのメリットもたくさんあります。ですが、実は前撮りをしないカップルも多いのです。

ただでさえ結婚式の準備で忙しいうえ、出費も多いですよね。また、結婚式でプロのカメラマンさんを入れることを予定している場合など、わざわざ前撮りをしないという選択をする方もたくさんいるのです。

そこで今回は1度きりの結婚式で後悔しないためにチェックしておきたい前撮りのメリットデメリットを紹介します。あわせて、前撮りの費用の相場も紹介しますので、後悔しないためにもチェックしてから前撮りの有無を決めましょう。

 

後悔はしたくない!結婚式前撮りの4つメリットを解説

はじめに、結婚式の前撮りをするメリットを解説していきます。前撮りをするメリットはたくさんあります。前撮りをしない予定のプレ花嫁さんも、後悔しないためにもぜひチェックしておきましょう。

 

1|時間に追われることなく、ゆったりと撮影できる

結婚式当日は大忙しです。結婚式に撮影時間を設けている場合は慌しく撮影を進めていくことになるでしょう。ですが、前撮りをすることで時間に追われることなく、ゆったりと2人のペースで撮影をすることができます。

ゆっくりと撮影を進めていくことができれば、多くの写真を残すことが可能なだけでなく、ポージングや衣装などを1つに絞る必要もなくなります。たくさんの思い出を作ることができますね。

 

2|結婚式当日とは違う衣装で撮影できる

結婚式と別の日に前撮りを行うことで、結婚式当日と違う衣装の写真を残せます。実は、着たいドレスや着物がたくさんあって迷ってしまったというプレ花嫁さんに前撮りはぴったり。結婚式当日に着ることができなかった衣装を前撮りで着ることで、さまざまな衣装の写真を残すことができます。

例えば、結婚式当日はドレスのみというプレ花嫁さんは、前撮りを和装にすると、白無垢や打掛を着ることも可能になりますね。

 

3|ロケーション撮影が可能になる

結婚式当日に撮影する写真は、結婚式場やその周辺での撮影に限られます。ですが、ロケーション撮影が可能なスタジオで前撮りをお願いすれば、2人の思い出のスポットや和装にぴったりの神社や人力車などで撮影することができるのです。

2人ならではの素敵な写真が残せるのは嬉しいですよね。またロケーション撮影をすることで、より一層2人の個性が出る写真を撮影することができるでしょう。

 

4|結婚式当日のアイテムに!

前撮りをすることで、結婚式当日にゲストの方に見ていただくアイテムに前撮り写真を使用することができるようになります。ルカムボードオープニングムービーなどで使用すると素敵ですね。

さらに早くに前撮りを行うことで、招待状に使うこともできます。人とは違う招待状を送りたいカップルには嬉しいポイントではないでしょうか。

 

本当に必要?結婚式前撮りの3つのデメリットを解説

ここまではメリットについて解説してきましたが、続いてはデメリットを解説します。メリットがある分、デメリットはつきもの。きちんと把握したうえで、前撮りをするしないを決めた方がいいでしょう。

 

1|費用がかかる

前撮りをするか迷うポイントとして、費用面が一番気になる部分というプレ花嫁さんは多いはず。結婚式の準備を進めていると、出費が増えていきますよね。そんなタイミングで前撮りに費用をかけるのは辛いことから、前撮りをしないカップルも多いです。

ですが、前撮りの費用を抑えることは可能です。スタジオによってはお得な料金プランを用意しているところもありますので、時間がある場合は安く済ませることができるスタジオを探すのもいいでしょう。

 

2|打合せや撮影日を設定する必要がある

日々の仕事に加え、結婚式の準備や新生活の準備で忙しくしているプレ花嫁さんもたくさんいることでしょう。前撮りをする場合、忙しい毎日の中に前撮りする日を設定しなくてはいけません。さらに、撮影日の他に合せや衣装決めをする日も必要となるため、スケジュールがパンパンになってしまうことも。

解決策としては、事前打ち合わせがないスタジオを選ぶことです。撮影当日衣装を決めることができるスタジオもあるので、無理のないスケジュールで撮影できるスタジオを探してみましょう。

 

3|ロケーション撮影の場合は天候にも左右される

前撮りのメリットで、ロケーション撮影ができる点をあげましたが、ロケーション撮影を選んだ場合天候に左右されることも考えておかなければいけません。雨などで撮影できない場合、他の日に撮影しなおすのか、それともスタジオ撮影に切り替えるのか、スタジオに事前に確認しておくのも大切です。

撮影の前から天気を気にするのが嫌な方は、最初からスタジオ撮影を選択しておきましょう。ちなみに、ロケーション撮影よりもスタジオ撮影の方が、費用を抑えることができますよ。

 

安く簡単にできるならあり!結婚式前撮りの相場を確認

費用がそれほどかからないのであれば、前撮りをしたい!というプレ花嫁さんのために、結婚式前撮り費用の相場も確認しておきましょう。あわせて費用を抑える方法も紹介しますので、要チェック!

 

1|結婚式前撮りプランの相場

結婚式とは別に前撮りをする場合、費用の相場は一般的に10万円前後と言われています。前撮りスタジオのホームページなどを確認すると1万円程度のプランも用意されていますが、ドレスのランクや選んだ写真の枚数によって費用は上がっていきます。

そのため、前撮りの全体的な費用としては10万円前後かかることが多いのです。ですが、2万円程度で前撮りを済ませられたという節約上手なカップルがいるのも事実ですよ。

 

2|ドレスの費用

基本的には、前撮りスタジオや提携しているレンタルドレスショップで前撮りの衣装を借りることになります。ですが、クオリティの高いドレスを選べば選ぶほどドレスの費用は上がっていきますよね。そこで、ドレスの費用を抑える方法を紹介します。

それが、ドレスを購入してしまうという方法です。もちろん、ドレスを持ち込めるスタジオであることが前提になりますので、事前に確認しておく必要があります。ドレスはネットショップなどで安く販売されていることも多いうえ、同じような方法で前撮りをしたカップルが、一度着たのみのドレスをオークションなどに出品していることも。ぜひチェックしてみましょう。

 

3|費用を抑えたいならスタジオ撮影

結婚式前撮りには、スタジオ撮影とロケーション撮影があります。このどちらかを選択するか、もしくは日程、予算共に余裕がある場合は両方するというパターンもあります。ですが、費用を抑えて前撮り撮影をしたいと考えているプレ花嫁さんには、スタジオ撮影をおすすめします。

スタジオ撮影の場合、ロケーション撮影よりも数万円安く済ませることが可能になります。スタジオ撮影でもアイテムを利用したり工夫することで、2人らしい素敵な写真を残すことができますよ。

 

前撮りのメリット・デメリットを再確認!

前撮りをするかしないかで悩んでいるカップルのために、結婚式の前撮りのメリットデメリット、さらには前撮りの相場費用を抑える方法を紹介してきました。一生に一度の前撮り撮影、撮りたい気持ちはあるけれど、日にちや予算の関係で難しい場合も多いでしょう。

もちろん、結婚式で十分素敵な写真を残ることができるから前撮りをしないという選択肢もあり!ですが、工夫をすることで前撮りが可能となる場合もあるので、この記事を参考にしていただき、もう1度前撮りをするかしないかを相談してみてくださいね。