感動する!新郎友人の代表スピーチの組み立て方

感動する!新郎友人の代表スピーチの組み立て方

大切な友人から結婚の報告を受けるとともに、結婚式に招待されたら嬉しいですよね。さらに結婚式でのスピーチを頼まれたら、光栄に思うとともにどうしたら感動的なスピーチができるか悩んでしまうことでしょう。そんなときに確認しておきたいスピーチの基本構成から例文、事前におさえておきたいポイントを紹介します。ぜひこれを参考に素敵なスピーチを考えてみてください。

涙あり!笑いあり!新郎友人の代表スピーチ

大切な友人から結婚の報告、さらには結婚式に招待されたら、自分のことのように嬉しいものです。さらに結婚式での新郎友人代表スピーチを頼まれたら、できれば聞いてくれる皆さんを感動させるようなスピーチをしたいですよね。新郎新婦、さらにはゲストまでも聞き入るようなスピーチを考えてみませんか?

そこで今回の記事では、そもそもスピーチの基本構成はどうやって組み立てればいいのかを解説します。また、新郎との関係性の違いによってのスピーチの例、スピーチをするうえでおさえておきたい大切なポイントも紹介します。

結婚式であり、そして笑いありの素敵なスピーチができるように、事前に確認すべきポイントをおさえつつ、新郎新婦のためにもしっかりとスピーチをやり遂げてくださいね。

新郎友人の代表スピーチの基本構成を確認!

まずは新郎友人の代表スピーチの基本を紹介します。どのような構成でスピーチをしたらいいのか、きちんと確認をしておくと安心。スピーチの導入から締めまで見ていきましょう。

1|導入

新郎友人の代表スピーチのはじめには、新郎新婦へ向けて結婚のお祝いの言葉を伝えましょう。また、新郎新婦両家の親族へ向けてのお祝いも伝えておくといいですね。

さらに結婚式に招いてくれたことへの感謝の気持ちをスピーチのはじめに伝えておくと、より丁寧なスピーチの印象となりますよ。ぜひここまで導入として組み立ててみてくださいね。

2|自己紹介

続いてシンプルな自己紹介をしましょう。名前と共に新郎との関係性がゲストにわかるように、簡潔に紹介してください。勤め先が同じ場合は、名前と一緒に会社名を伝えるといいかもしれませんね。

学生時代からの友人の場合は、小学校なのか大学時代の友人なのかを述べましょう。さらに、ここで自分がお祝いの言葉を述べさせていただくことの断りをしておくこともお忘れなく。

3|新郎新婦とのエピソード

自己紹介の後は、自分が知っている新郎のエピソードを紹介しましょう。自分だからこそ知っているエピソードを自分ならではの言葉で伝えてください。ぜひ新郎のいいところをゲストに紹介してくださいね。

新郎新婦との思い出はたくさんあることと思いますが、エピソードを詰めすぎてスピーチが長くなってしまうのは避けたいところ。これ!というエピソードをうまくまとめて紹介しましょう。

4|新郎新婦へのはなむけ・締め

友人代表スピーチの最後には、新郎新婦へ向けてこれからの応援メッセージを伝えてください。さらにスピーチを聞いてくれたゲストの方へ、お礼の言葉も述べましょう。

そして、最後に新郎新婦へ「おめでとう」の言葉を一言伝えて締めるといいかもしれませんね。新郎新婦だけでなくゲストの心にも残るようなスピーチになるように、ビシッと締めましょう。

厳選!新郎友人の代表スピーチ例3選

新郎との関係性別に、結婚式での新郎友人の実際のスピーチ例を3つ紹介します。あくまで例なのでこれを参考にしつつ、先に紹介した基本構成に沿って自分なりの言葉でスピーチを組み立ててみてください。

1|学生時代からの友人に向けてのスピーチ

○○くん、○○さん、この度はご結婚おめでとうございます。このような素晴らしい席にお招きいただきありがとうございます。○○くんと高校からの友人の○○と申します。

○○くんはリーダーシップがあり、○○くんがいることでクラスが一致団結していました。これこそかっこいい男という感じで僕も憧れていたほどです。そんな○○くんを射止めた○○さんも素敵な人なのでしょう。ぜひ2人で力を合わせて素敵な家庭を築いてください。

2|会社の同僚に向けてのスピーチ

最初の挨拶は省いて例文を紹介しますね。

○○くんは真面目で大変な業務にも真摯に向き合っている姿がとても印象的です。私が仕事で悩んだときも、いつも相談に乗ってくれて助けられています。ありがとう。

そんな彼も一人の人間。きっと悩むこともたくさんあるでしょう。ぜひそんな彼を○○さんが支えてあげてください。そして○○くんも素敵な奥さんを大切にしてあげてくださいね。2人のような幸せな夫婦になれるように僕も頑張ります。

3|幼馴染に向けてのスピーチ

○○くん、○○さん、この度はご結婚おめでとうございます。○○くんの幼馴染の○○と申します。いつもは○○と呼んでいるため、これからは普段通りの○○と呼ばせていただきます。

○○とは小さな頃から一緒にいるため、どの思い出を紹介するか悩んでしまうほどたくさんの思い出があります。私がケガをしてしまったときも常に助けてくれたのは○○でした。それほど優しい男なのです。きっとこれから素敵な夫婦になることでしょう。私も応援していきます。

新郎友人の代表スピーチで大切にしたい3つのポイント

新郎友人の代表スピーチをするにあたり、事前に確認しておきたいポイントを3つ紹介します。このポイントをおさえて、新郎新婦やゲストに感動を与えるスピーチを考えてみてくださいね。

1|スピーチの時間は3分~4分程度

大切な友人ならなおさらスピーチで話したいエピソードがたくさんあるかもしれません。ですが友人代表スピーチは3分~4分程度でおさめるように組み立てましょう。

原稿用紙にすると2枚~3枚です。原稿用紙に書いてみるとわかりやすいので、ぜひ用意してみてくださいね。しっかりと伝えたいエピソードを絞って時間も気にしつつスピーチを考えてください。

2|使ってはいけない言葉も知っておこう

結婚式にふさわしくない言葉があります。消す、離れる、滅びるなど別れや不幸を連想させる忌み言葉や、重ね重ねや次々などの重ね言葉は結婚式にはNG。これらの言葉はスピーチに入れないように十分気をつけましょう。

意外と普段なにげなく使う言葉も多くあるため、きちんと書いて確認することも大切です。縁起が悪い言葉なので、結婚式のスピーチに入れないようにしてくださいね。

3|暴露ネタや下品なネタはしない

スピーチ途中にエピソードを入れると思いますが、過去の恋愛ネタ下品な話をするのは避けましょう。笑える話だったとしても、そのネタで笑えるのは一部の人だけです。

結婚式の主役である新郎新婦が嫌な思いをしてしまうようなエピソードをスピーチに入れるのは、避けてくださいね。事前にスピーチで披露したいエピソードを話しても大丈夫か新郎に確認しておくのもありですよ。

心温まるスピーチを考えてみましょう

新郎友人の代表スピーチについて、基本構成からおさえておきたいポイントを紹介しましたが、素敵なスピーチを組み立てられそうでしょうか。新郎との関係性別に例文も紹介したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そして新郎新婦、さらにはゲストまでもが感動する素敵なスピーチを考えてみてください。結婚式がより盛り上がるように、ぜひ力を注いでくださいね。