【結婚式で余興ダンス】簡単にできる練習方法と人気ダンス3選を紹介

【結婚式で余興ダンス】簡単にできる練習方法と人気ダンス3選を紹介

結婚式の余興を頼まれたけど、あんなキレッキレのダンスなんて難しそう、と悩んでいませんか?そんな方におすすめしたいのが簡単なダンス。簡単なダンスであってもメリハリをつければ十分格好よく見えますし、場を盛り上げることもできちゃいます。今回は結婚式を盛り上げることができる簡単なダンス3選と、振り付けを覚えるコツもご紹介します!

結婚式で簡単にできる余興ダンスを考え中…

友達の結婚式で余興を頼まれたけれどダンスなんて難しそう、でも他に何をやればよいのか思いつかないと悩んでいませんか?たしかにどれも難しそうに見えますが、簡単でも盛り上がることができるダンスはたくさんありますよ!

ダンスが簡単だと覚えやすいし、ダンスの経験がなくても工夫しだいでクオリティーの高い余興にすることができます。時間がないからみんなで集まって練習するのが難しい、という場合でも安心ですね。

選曲で悩んだ時には定番の曲流行の曲を選ぶのがおすすめです。定番の曲をチョイスするとたくさんの動画があるので、参考にしながら練習することができます。他にもアップテンポな曲を選ぶとダンスのテンポも取りやすくなりますよ。

結婚式余興に人気の簡単ダンス3選

世の中にはたくさん曲があって、どの曲ならダンスが簡単なのかわからないですよね。かと言って動画を一つ一つ確認するのは大変。そこで今回は余興で使いたいダンスが簡単な曲3選を紹介します!

1|アラビアンな雰囲気のハッピーサマーウェディング

2000年にリリースされたハッピーサマーウェディングはもう20年近く前の曲ですが、今でも人気の高い曲です。曲も結婚式にぴったりですが、ダンスもゆったりしていて激しい動きもないため、踊りやすくて余興にぴったり!アラビアン風の衣装が可愛らしいダンスなので、みんなで衣装を着たら会場を華やかな雰囲気にして盛り上げることができますよ。

2|再ブレイクしたバブリーダンス

登美丘高校のダンス部によって再ブレイク中のバブリーダンス。年配の方も若い方も知っているので盛り上がれること間違いなし!

だけどあのダンスを見てしまうと難しそう・・・となってしまいますよね。ですがサビだけ完コピしたり、バブリーな扇子などの小道具にこだわったりすれば、完璧に覚えていなくても十分盛り上がりますよ。

3|ダサカッコいいU.S.A.

U.S.A.のいいねダンスは簡単に真似することができてノリがよいので、見ている方も楽しむことができます。イントロ部分も振り付けが少し難しめですが、工夫をすればもっと簡単に。足の動きを省略したりして簡単にすると踊りやすくなりますし、他の簡単なダンスに変えてしまっても大丈夫!公式で出している練習用の動画や簡単な振り付け動画も多いので練習しやすいですよ。

簡単にできる余興ダンスを練習するときのコツ

簡単な振り付けといっても、覚えるのはやはり大変なもの。コツを押さえておくとダンスの流れも覚えやすくなり、短時間で効率的に練習することができます。そこで今回は3つのコツを紹介しましょう。

1|余興に使う音楽を覚える

まずは余興の音楽を覚えておくことです。リズムと一緒に動きを覚えておくと、ダンスの流れも覚えやすくなります。特に印象の強い歌詞の部分の振り付けと紐づけておくと、そこで一区切りつけることができます。

もう一つは音楽に合わせて振り付けを口に出して言うことです。音と一緒に言葉で振り付けを覚えるともっと効率的で頭に入りやすくなりますよ。

2|ダンスムービーを何度も見ながら練習

定番の曲であればたくさんのダンスムービーがあります。そのためさまざまなアングルのものがあり、どういう動きをしているのかわかりやすくなります。

ダンスの練習ができる時間はあまく多くありません。ですが動画を見ながらどういう流れで振り付けをすればよいのかイメージを作ることはいつでもできます。空いている時間は動画を見て、自分が踊るときのイメージを作りましょう。

3|振り付けは大きくリズム良く踊る

簡単なダンスだと見ていて飽きないかな、と不安になってしまいますよね。たとえ簡単なダンスであっても、大きく動けばそれだけでダンスにメリハリが出て、十分に綺麗に見えるのです。リズムに乗せて踊っていると、体も動きやすくなります。それだけではなく、ダンスを見ている側もリズムに乗って楽しく見ることができますよ。

女性にありがち!結婚式で行う余興ダンスでの注意点

結婚式の余興は結婚式を盛り上げるためのものです。ちょっと注意しておけば、場をスムーズに進めることができます。やりがちな失敗をしないためにポイントを押さえておきましょう。

1|ダンスの音源を割り振られた時間内に編集すること

結婚式の余興にはそれぞれ割り振られた時間があります。そしてそれに基づいてスケジュールが組まれているので、時間がオーバーしてしまうと、かえって困らせてしまうことも。割り振られた時間内に音源を調整しておくとスムーズに進めることができますよ。

また、当日は出入りも含めて意外と手間取ってしまうことも考えられます。ちょっと余裕を持って編集しておきましょう。

2|みんなで余興ダンスリハーサルを行う

忙しい中でメンバー全員が集まるのは難しいかもしれません。それでも結婚式の前に一度集まって練習することをおすすめします。動画に撮ったりすることによって、みんながどうやって踊っているのか、どうずれているのかを客観的に見ることができ、それに沿って修正をすることができます。ダンスの完成度をぐっとアップさせることができますよ。

3|恥じらいは捨てる

どうしても恥ずかしいという気持ちがあると動きが小さくなってしまいがち。でもダンスに恥じらいは禁物。見ている人にも楽しいと思ってもらうためには恥じらいを捨てて踊りましょう。

一人でやれば恥ずかしい、という気持ちが先行してしまいます。でもみんなではっちゃけようという気持ちで臨めば、恥ずかしいという気持ちも捨てることができますよ。

簡単でも余興は盛り上がれる!

結婚式の余興を頼まれたらむずかしそうなダンスとかしなきゃいけないのかなと思いがちですが、そんなことはありません。簡単なダンスを選曲すれば、短期間しか練習することができなくてもクオリティの高い余興を披露できます。簡単なダンスの余興でも十分結婚式を盛り上げて楽しんでもらえますよ。楽しいダンスの余興で、友人の結婚式を祝いましょう!