【結婚式ご祝儀】お返しする方法や内祝いについて徹底解説

【結婚式ご祝儀】お返しする方法や内祝いについて徹底解説

結婚式でご祝儀をいただくことは知っているけれど、ご祝儀のお返しをした方がよいのかどうか、お返しをするとしたら何を贈ればよいのかは意外に知らないことですよね。じつは結婚式のご祝儀のお返しにはマナーがあります。間違った方法でお返しをしてしまうと、失礼にあたってしまう場合がありますよ。二人を祝福してくれた方々に感謝の気持ちをしっかりと伝えるためにも、ご祝儀のお返しはどんなものがよいのか、また、どんな渡し方がよいのか確認しておきましょう

結婚式ご祝儀のお返しってなにを贈ればいい?

結婚式のご祝儀をいただいた場合、大切な方々からの心づかいが充分に感じられるからこそ、「お返しをするべきなのか?」「そのまま喜んで受け取ってよいのか?」悩んでしまいますよね。どうしてもお返しをしたい場合にも、「何を贈ればよいのか?」悩んでしまいます。

結婚式のご祝儀のお返しは、基本的には返さなくても大丈夫です。披露宴の食事や引き出物を渡すことが、結婚式でいただいたご祝儀へのお返しになるからです。

しかし、想定していたよりもご祝儀の金額が多い場合ご祝儀の金額に見合った引き出物でなかった場合には、お返しをする場合が多いです。その場合には、なるべく早めに渡したほうがよいので、遅くても1ヶ月以内にはお返しをするようにしましょう。

ほとんどの場合、ご祝儀のお礼は現金でお返しをするのではなく品物を贈りますが、ご祝儀を多くくださった方が結婚式や出産を控えている場合には、いただいた金額に合わせてご祝儀を渡す場合もあります。お返しをする相手によっては、高価な品物を選んでしまうと、相手の方に対して逆に失礼にあたってしまう場合もあるので要注意です!

今回は、結婚式のご祝儀のお返しの方法や内祝いについてまとめました。

意外と知らない!結婚式ご祝儀のお返しについて

結婚式のご祝儀のお返しには、簡単なルールが3つあります。まずは、自分のいただいた結婚式のご祝儀が、3つのパターンのうちのどれに当てはまるかを確認してみましょう。

1|基本はご祝儀のお返しはしなくて良い!

基本的には、披露宴の食事と引き出物をご祝儀のお返しの代わりとして用意しておくので、結婚式に参加した方からいただいたご祝儀に対しては、お返しをしなくてよいです。たまにですが、親戚のご家族をご招待した場合に、ご祝儀をご家族の方からまとめてひとついただくことを想定して、引き出物もひとつしか用意していなかったのに、ご夫婦や娘さんなどそれぞれからご祝儀をいただいてしまう場合があります。

その場合には、後日内祝いなどでお礼をすれば大丈夫ですよ。

2|ご祝儀の金額が(多い)違う人は引き出物で調節

会社の上司や叔父や叔母など、結婚式に招待する段階からご祝儀の金額が多いことが想定できる場合には、引き出物のグレードを他の招待客よりもあげて用意したり、品物をひとつ増やして渡せるように調整します。結婚式後に、予想していなかった方からのご祝儀が多かったことがわかった場合には、後日内祝いを贈ったり、新婚旅行のお土産を奮発して選ぶなどの方法で対応します。

3|ご祝儀の金額があまりにも多い場合は内祝いを贈る

予想していたよりもあまりにもご祝儀の金額が多かった場合には、内祝いを贈ります。お祝いとしていただいた金額の、3~5割を目安に品物で贈るのがよいです。結婚式から遅くとも1ヶ月以内には、相手の方へ渡せるように準備します。

内祝いの渡し方や選び方にもマナーがあるので、次の記事でしっかりと確認していきましょう。

多めにご祝儀をもらったときに贈りたい【内祝い】について

内祝いは、お世話になっている方へ、喜びの分かち合いや感謝の気持ちを伝えるために贈ります。相手の方に気持ちよく内祝いを受け取ってもらえるように次の3つのポイントをおさえておきましょう。

1|頂いたご祝儀の3~5割の品物を贈る

内祝いは、いただいたご祝儀の3~5割の金額の品物を贈ります。お菓子やコーヒー・紅茶など日持ちしやすいものや地元の名産品など、普段は手に入れにくい食品が人気です。

カタログギフトや食品ギフト券、日用品(タオル・グラス)など、相手の方の役に立つものを選ぶ方も多いです。新婚旅行先で奮発してお土産を購入して贈るご夫婦もいますよ。

2|なるべく内祝いの品物は手渡しで渡す

内祝いの品物は夫婦で持参し、直接お礼の挨拶をして品物を手渡すのがマナーです。しかし、相手の方が多忙な場合遠方に住んでいる場合には、郵送で渡したほうが相手の方にも気を使わせずに済む場合もあります。

臨機応変に対応しましょう。内祝いを手渡しで渡す場合には、感謝の気持ちを伝えやすいだけでなく、内祝いを受け取ることを遠慮しそうな方にも確実に渡すことができるというメリットがあります。

3|お礼の手紙は忘れずに

手渡しする場合にも、郵送する場合にもお礼の手紙は忘れずに添えましょう。結婚式や新婚旅行の写真も添えるとさらによいです。

とても丁寧な印象に感じられますし、感謝や喜びの気持ちも伝わりやすいです。相手の時間を取らせずに、品物をさっと渡すだけでも、手紙を読んでもらえればお礼の気持ちを伝えることができるのも、手紙を渡す大切なポイントです。

お礼の手紙には句読点忌み言葉使わないのがよいとされています。手紙を書く際には気をつけてくださいね。

結婚式ご祝儀のお返しをするときの注意点

結婚式のご祝儀のお返しをするときには、相手の方を困らせたり不快な気持ちにさせないためにも注意したい点があります。お返しをしたい相手によっても、お返しの仕方は異なりますよ。

特に気をつけたい注意点を3つご紹介します。

1|目上の人にお返しをする場合

目上の方にお返しをする場合に、高額な品物や現金でお返しすると「あなたからのお祝いはいりません」という意味になってしまいます。どうしてもお返しを渡したい場合には、ご祝儀の3割程度の金額の品物を贈ります。

目上の方へは品物よりも、ご祝儀を喜ぶ気持ちと感謝の気持ちを伝えることのほうが大切です。お礼の言葉はしっかり伝えましょう。

2|お礼の言葉を添える

誰に対しても当てはまることですが、お祝いしてくださったことに対して、感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。口頭で伝えるだけよりも、お礼状を品物に添えると確実に気持ちが伝わります。

結婚式が終わってから、できれば数日以内にお礼の言葉を伝えるのも大事なポイントです。直接会ってお伝えするときには、身だしなみ態度にも気をつけましょう。

3|親族へご祝儀のお返しは両親に相談

親族間でご祝儀の金額を決めている場合などにお返しをしてしまうと、かえって親族の方に気を使わせてしまう場合があります。まずはご自身の両親に相談をしましょう。

新婚旅行のお土産としてお礼をしたり、親族の方が結婚や出産、入学などをしたときにお祝いとしてお返しをすることもできます。ただし、ご祝儀のお返しをする場合もしない場合も、親族の方に結婚式後に会ったときには必ずお礼の言葉を伝えるとよいですよ。

ご祝儀のお返しは、相手の方へ心づかいのある対応をすることが大事!

結婚式のご祝儀のお返しは、とにかく相手の方が気をつかわないで受け取れる方法でお返しをすることが大事です。

  • 内祝いの品物を贈る
  • 新婚旅行のお土産を渡す
  • お車代を多めに用意する
  • お歳暮やお中元を奮発してお返しする
  • 相手の結婚式のご祝儀や出産祝いなどに同じ額のご祝儀を包む
  • 食事をごちそうする

など、相手のことを考えて選ぶとよいですよ。

お礼の言葉は、早い段階で必ず伝えましょう。直接会って伝えるのが難しい場合には、電話や手紙でも大丈夫です。