幸せな結婚生活を送るために守るべき10の掟

幸せな結婚生活を送るために守るべき10の掟

どんな方でも結婚するときには幸せになることを夢見て結婚するもの。だけど結婚して夫婦生活がうまくいくかな、という不安はどうしても付きまとってしまいます。結婚して幸せ?と聞いて即答で幸せだと答えられる方は意外と少ないもの。でも幸せだと答える夫婦も必ずいます。そんな幸せな夫婦には必ず共通点があります。今回は幸せな夫婦に共通するルール10か条をご紹介します!

幸せな結婚生活には掟あり

これから結婚を控えている人や、結婚してまだ日が浅い人の中にある不安で多いのが「幸せな結婚生活を送れるか」ということです。結婚した後すぐに冷めてしまう人もいれば、いつまでもラブラブで幸せそうな夫婦までさまざまですよね。

結婚とは今までまったく別の環境で育ってきた二人が新しい家庭を作ることです。そのため、ときにはすれ違ってしまったり衝突したりするのは当然のこと。ですがそれをうまく乗りきれないと険悪になってしまうこともあります。

結婚生活は好きという気持ちだけでは乗りきれないことも多々あります。乗りきるために必要なのが二人で決めたルール。面倒だな、と思うかもしれませんが、話し合って決めることによってお互いに円満に過ごすことができますよ。

幸せな結婚生活を送るために守るべき10の掟

若いうちにはお互い自分のことに一生懸命で、相手を思いやる余裕がなかったりすることもあります。でもずっと幸せ夫婦でいたいと思うのはみんな同じです。幸せでいる夫婦の間にはルールがあります。今回はそんな幸せな結婚生活を送っている夫婦のルールについてご紹介します!

1|愛情表現は忘れずに

お互い好きで結婚したはずなのに、時の経過とともに次第に愛情表現をしなくなる夫婦は多いです。慣れてきてしまうと言わなくてもわかっているだろう、とつい思ってしまいがちです。でも当然のことですが言わないと伝わりませんよね。

できれば、毎日結婚相手に好きと伝えるのが理想です。日本人は「好き」「愛してる」なんておおげさで恥ずかしいから言えない、と思うかもしれません。たとえ照れくさくても、結婚記念日などの特別な記念日に必ず伝えるようにしましょう。

2|感謝の気持ちを忘れずに

結婚してしまうと「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたり、相手をほめたりしなくなる方は多いです。でも、どんな人であっても感謝されたりほめたりされて嬉しくない人はいません。言わなくても伝わっていると思っているのは自分だけ。

ご飯がおいしかったら「おいしいよ」、荷物を持ってくれたら「ありがとう」。普段の生活の中でちょっとしたことをしてもらったら感謝の気持ちを伝えましょう。何かもらうことが当たり前と思い始めて相手の好意にあぐらをかいてはいけませんよ。

3|喧嘩をしてもその日のうちに解決しよう

どんなに好きな相手であっても喧嘩はしてしまうもの。でも、うまく解決できないままうやむやにしてしまうと、それがしこりとなって大きな爆弾になってしまいます。喧嘩したらちょっと冷静になってから、どうして怒ったのか、何が嫌なのかを話し合いましょう。

話し合いはなるべくその日のうちに行いましょう。解決しないまま寝てしてしまうと、より話しづらくなって悪化してしまいます。話し合って妥協点を見つけて解決したら、蒸し返さないのが鉄則です。蒸し返してしまうとお互い嫌な気持ちを思い出してしまってぎくしゃくしてしまいます。

4|毎日一緒に寝よう

仕事の時間帯も違うから同じベッドで寝るのはちょっと・・・という夫婦も増えてきています。実際同じベッドで寝ている夫婦の割合は3割弱と意外と少ないのです。ですが一緒に寝ると安心して眠れたり、スキンシップや会話が増えて、夫婦の関係を良好に保つのに一役買ってくれます。

喧嘩をしても一緒に寝る。これをルールにしておくと、喧嘩をしてもそれ以上の悪化を防ぐことができます。くっついて一緒に寝るとわだかまりも溶けていきますよ。

5|いつまでも名前で呼ぶ

意外と大事なのがお互いを名前で呼ぶことです。日本人に多いのですが、子どもができてしまうとパパ、ママ呼びになってしまいがちです。でも、名前で呼ばれると親しみを感じやすくなり、ドキドキを感じさせてくれるオキシトシンも生成されます。「おーい、お前」なんて呼ばずにいつまでも名前でお互いを呼ぶように心がけましょう。

6|異性との関わりあいの範囲を決めておく

夫、または妻の異性との関係は恋人のときよりも気になるものです。かといっていちいち聞かれるとうっとうしくなって雰囲気が悪くなってしまいます。そこで、あらかじめ異性に対する接し方についてルール化しておくといちいち聞かなくてもよくなります。あとは相手のことを信頼すること!相手を信頼することはどんなことにおいても重要ですよ。

ルール化するときに注意したいのはお互いの立場を思いやることです。絶対に異性と二人きりになっちゃ嫌、となるとどうやっても難しいもの。休日に異性と二人きりで会わない会うときには報告する、という程度のルールを作っておきましょう。

7|一人の時間を大事に

好きな人とようやく結婚したのですから、できるだけ一緒にいたいと思うのは当然ですよね。でもお互いのプライベートだってけっこう重要です。たとえば趣味にふける時間を持ったり、、友人と出かけたりするなど一人の時間を作りましょう。そうするとより一層二人の時間が大切に感じられますし、ストレスを発散してリフレッシュすることができてメリハリが出ますよ。

8|付き合っていたころを忘れない

ずっと一緒にいると慣れてしまって、ドキドキ感が薄れてしまうのは当然のことです。そのため恋の賞味期限は3年と言われているほど。付き合いはじめたころには何をしても楽しかったのに一緒にいてもつまらない、となっては幸せな結婚生活とは言えないですよね。

そこで実行したいのが定期的に外でデートすること。付き合いはじめたときの気持ちを思い出すきっかけになるので月に一度は外でデートしたいところ。できれば外で待ち合わせをしてデートに行くとより付き合いはじめたころを思い出しやすくなりますよ。

もう一つが記念日などのイベントを祝うことです。イベントを祝うたびに相手のことを考えますよね。一緒にお祝いすることによってお互いが大事にされている実感が出ます。今年もまた一緒にこの日を過ごせて幸せ、という気持ちがあれば相手にもきっと伝わりますよ。

9|相手に期待しすぎない

相手に何かを期待しすぎないようにするのも良好な夫婦関係を築くためには重要です。何かを期待していたのにそれが満たされないと不満を持ってしまい、相手にそれをぶつけてしまいます。でもそれは相手だって同じように考えているはずです。

自分の都合のよいように家庭を作ると相手にとっては窮屈な家庭になってしまいます。相手に求めすぎず、合わないことがあっても当然、と割り切るようにしましょう。

10|ルールを決めること

最後が自分たちのルールを決めることです。家事分担金銭面が基本ですが、曖昧なままだとあとでこじれることも。話し合ってルールとして明文化することによって余計な心配や負担を減らすこともできます。

お互いを信頼していれば話し合いなんて必要ないと思うかもしれませんが、むしろその逆です。お互いを信頼して結婚生活をしていくために必要なことだと考えましょう。

自分たちなりの夫婦関係を築こう

幸せな夫婦が特別な人たちというわけではありません。今回挙げたことも当然のことばかりで特別なことではありません。惰性で生活せずにお互いを尊重して、求めすぎずに生活をすることです

結婚は愛しているだけではなくどれだけ相手を信頼できるか、理解できるか、許せるかということも重要です。ずっと幸せな夫婦でいられるかどうかはみなさんの気持ち次第。ぜひ自分たちだけの夫婦の形を見つけて幸せな関係を目指しましょう!