ブライダルチェックの内容は?みんなが気になる検査内容を解説

ブライダルチェックの内容は?みんなが気になる検査内容を解説

みなさんブライダルチェックというものをご存知でしょうか。晩婚化が進む現代では不妊に悩むご夫婦も増えてきています。そのため結婚前に安全に妊娠・出産をすることができるのかブライダルチェックをして、異常があったら早めに治療をしようという方も増えてきています。でも、ブライダルチェックっていったいどんな検査なのか不安に思っている人も多いですよね。そこで今回はブライダルチェックの検査内容やメリットをご紹介します。

ブライダルチェックは受ける場所によって内容が違う?

最近では晩婚化が進んできているため、ブライダルチェックを受ける方が増えてきています。でも中にはブライダルチェックってなんだろう、と思っている方もいるのではないでしょうか。まずはブライダルチェックがどんなものなのか簡単に知っておきましょう。

ブライダルチェックは結婚する方だけが受けるものではなく、結婚・出産を考えている方全員が受けることができます。検査内容は受ける場所によって異なり、自分で必要な検査だけを選択することが可能です。ブライダルチェックの主な目的は妊娠・出産を安全にすることができるかどうかを調べることになります。それじゃあ女性だけが検査を受けるの?と思うかもしれませんが、そうではありません。最近では男性も受けるのが一般的になってきています。

定番のブライダルチェック内容を紹介

ブライダルチェックの検査内容は男性と女性によって変わってきます。男女それぞれについてどんな検査内容なのか、それによって何がわかるのか、ということについて押さえておきましょう。

1|新婦側のブライダルチェック内容

  • 血液検査
  • 超音波による子宮と卵巣のチェック
  • 子宮がんと子宮頸がんのチェック
  • 胸部X線検査による乳がん検診
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 前立腺、精巣の超音波検査
  • 精液検査
  • 尿検査

血液検査をすることによってさまざまなことを調べることができます。貧血気味ではないか、HIVキャリアではないか、風疹抗体があるかなどです。尿検査と合わせて性感染症に罹患しているかどうかについても調べることができます。

また、超音波で子宮と卵巣のチェックをすることによって、子宮筋腫卵巣嚢腫を発見することができます。子宮がんと子宮頸がん、乳がんのチェックは会社の検診で行っている場合には自費で行わなくてもよい項目です。これらのがんは年齢を問わないので、若いから大丈夫と過信せずに積極的に受けましょう。

これらの検査を受けることによって、母子感染を事前に防ぐことができたり、早期に発見して対処することによって自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かったりすることができます。ご自身のためにもブライダルチェックとしてだけではなく、定期的に検査することをおすすめします。

2|新郎側のブライダルチェック内容

血液検査と尿検査でわかる内容は女性とほぼ同じで、性感染症やHIVのチェック、風疹抗体の有無について調べることになります。これらの項目はは赤ちゃんへの影響不妊の原因となる可能性もあるのできちんと調べておきたいですね。

前立腺、精巣を超音波検査することによって正常に機能しているかどうかを診断することができます。前立腺がんの早期発見にも繋がります。

精液検査は精子の数や精液量、運動量、濃度、運動の質、精子の正常形態率を調べることができます。精液は当日個室で採取したり、事前にもらった容器に精液を入れて受診したりします。郵送する方法もありますが、精液量、精子濃度、精子の数、精子の正常形態率の四項目で正確な数値が出せなくなってしまうので、病院で受けることをおすすめします。

結婚前に二人でブライダルチェックを受けるべき理由

将来子どもが欲しいと思っているのであればできれば、受けておきたいブライダルチェック。女性だけにブライダルチェックが必要と思われがちですが、男性にも大切な検査なのです。

1|不妊は女性だけが原因じゃない

以前は不妊の原因は女性にあると思われていましたが、実際には48のケースで男性にも原因があります。それでもいまだに女性に原因があるという考えが抜けていません。そのため男女に関わらず受けてみることが必要なのです。

男性も女性もブライダルチェックを受けることで、早期に病気や異常が発見できる可能性があります。状態にもよりますが、若いうちなら治療にかかる時間効果も大きく変わってきます。一人だと別にいいや、となってしまいがちですが、お互いのため、と思えば行動しやすくなりますよ。

2|人生計画を立てられる

子どもが欲しいと思っていても健康でなければなかなか授かることもむずかしくなります。健康であれば何歳までに何人子供を産んで、ということを考えることができます。もしもなかなか授からなくても、何歳までに治療をして、タイミング法を3年試してと計画を立てやすくなるのです。二人の将来設計を話し合うためにも重要なのです。

ブライダルチェック以外にも!結婚前にやっておきたいことまとめ

ブライダルチェック以外にも結婚前にやっておきたいことは意外とたくさんあります。ぜひやって欲しいこと3選を紹介します!

1|結婚後の生活スタイル

結婚後の家事の分担家計に関することを話し合っておくことは重要です。何となく大丈夫だろうと思っていると、それが思わぬ落とし穴になってしまうことも。事前に決めておくとスムーズに結婚生活を始めることができます。お金のことに関しては話し合いづらいかもしれませんが、しっかり話し合っておくようにしましょう。

2|自分のスキルアップ

結婚すると、どうしても今までの生活とは違ってきてしまいます。そのため今まで通り自分だけのための時間を取ることが難しくなってきてしまいます。そのため、結婚前に自分のスキルアップのために時間を取って、資格取得を目指すのも一つの方法です。もしも何か考えている資格があるのであれば、今のうちに勉強し始めちゃいましょう。

3|友達と一緒に過ごそう

結婚してしまうと友人と過ごす時間も短くなってしまいがちです。いくらパートナーがいいよ、と言ってくれても夜遅くまでの外出や友達との旅行はやはり気兼ねしてしまいます。結婚してしまうと時間だけではなくお金の面でも気になってしまいますよね。自分のためだけに時間もお金も使えるうちに思いっきり遊んでおきましょう!

二人の人生を考えてみよう

ブライダルチェックの費用は検査内容によって変わりますが、2万円から5万円かかります。検査のためとはいっても少し高めに感じてしまいますよね。でも、それで将来の安心を買えると思えば安いものです。ブライダルチェックで早めに病気を発見して治療すれば、妊娠の確率もぐんと上がり、二人で将来を考えることができます。

結婚すると自分だけの人生だけではなくなってしまいます。二人の将来のために、ブライダルチェックを受けてみてはいかがでしょうか。